フラット35住宅ローンの種類は?

フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
また、それに加えフラット35の審査特徴として一般的な住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。
ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。
この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、これらを総合的に計算してみる必要があります。
分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところではそれ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。
住宅ローン減税を見込んで自分の収入とは掛け離れた高級住宅を選んだり住宅ローンの借入額を増やすのは危険。
長期優良住宅に認定されれば、住宅ローン減税以外にもメリットもあります。
念願だったマイホームを購入してから数年で、三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。
通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。
申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。
いいですか?住宅ローンの減税をあてにして甘い見通しで融資を増額してみたりすることは危険かも?土地のみはダメ!住宅ローン減税に対象にはならないのです。
土地購入のみではダメみたいですね。
但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。
どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

フラット35の種類は?35Sで金利優遇! 【長期優良住宅支援制度】