パソコントリプルチャネルとは

トリプルチャンネルとは、DDR3という規格のメモリを3枚1組で動作させ、理論上の帯域を3倍にする技術です。
動作条件として、マザーボードとメモリがトリプルチャンネルに対応していること、3つのメモリが同一容量であること、同一仕様であることなどが挙げられます。
メモリは同一容量、同一仕様であればメーカーが異なっても構いません。
ただし、DDR3という規格以外のメモリではトリプルチャンネルを実現できません。
上記の点を考慮して、メモリを購入する際はトリプルチャンネル動作保障付のメーカー品を購入することをおすすめします。
構造上、ヒートシンク付きになる場合が多いようです。
逆に、最新のPCについては最初からデュアルチャンネル、トリプルチャンネルを実装しているマシンもあるようです。